" />

社会保険労務士三田会

社労士の役割はより深く

cropped-h201706.png

研修会&懇親会を開催しました。icon4newblue

2018-1-20(土) 14:00から、慶応義塾大学三田南校舎にて、恒例の研修会を開催しました。
講師に設楽清嗣氏をお招きし、時間いっぱいの熱いご講演をいただきました。参加の皆さんは、いろいろな立場ではありますが、興味深く拝聴しました。

懇親会もわきあいあいと語り合う間に終わりの時刻が近づき、懇親会の最後には、好例の「若き血」を予定していました。
そうしましたら、つるの屋さんに居合わせた現役の応援指導部の方が申し出てくださり、そのリードによって「若き血」を歌いました。
2018年の良いスタートを切ることができたことを、講師をはじめ参加の皆さんに感謝します。次の定例行事は、新年度の総会を予定しております。

20180120_1

*****以下は、開催の詳細です。

社会保険労務士三田会 会員各位
社会保険労務士三田会 会長 小林 茂

年の瀬も押しつまってまいりましたが、会員の皆さまには、日々に社労士業の発展に尽くされているところと存じ上げます。

さて、今年度の研修会を以下のとおり企画致しましたので、ご案内申し上げます。
「三田会ならではの研修会」に必ずやご満足をいただけると確信しています。

今回研修会の講師としてお招きしましたのは、「東京管理職ユニオン」のアドバイザー・設楽清嗣氏です。
設楽氏は、慶應義塾大学文学部在学中の1960年、日米安保闘争に参加し、その後中退、労働組合活動にかかわってこられました。

そして、1993年、「東京管理職ユニオン」を結成し、多くの会社員の労働相談や団体交渉を支えました。 労働運動の闘士として、55年以上にわたり、労使交渉の最前線で闘い続けてこられ、一線を退いた現在は、「東京管理職ユニオン」のアドバイザーとして、多くの会社員からの労働相談を受けております。

会員の皆さまには、長年、労働組合活動にかかわってこられました設楽氏よりお話をいただくことで、社労士として労働組合との付き合い方を学ぶことができる、絶好の機会となるものと考えます。  皆さまの奮ってのご参加をお待ちしています。

~社労士三田会 研修会~

日 時:2018-1-20(土) 14:00~ 受付けは13:30から行います
場 所:慶應義塾大学三田南校舎4階443教室
研修会:14:00~15:50頃まで

テーマ 「社労士としての労働組合との付き合い方」
講 師    設楽 清嗣 (したら きよつぐ)氏

懇親会:16:00~17:30
研修会終了後、懇親会を予定しています。
大衆割烹 つるの屋 03-3451-5052
港区芝5-14-15 機械工具会館B1

会 費:研修会 1,000円
懇親会 3,000円
当日受付にてお支払いください。

参加希望の会員は、下記アドレス宛に、件名『研修会参加希望』と記載の上
① 氏名 ② 学部、卒業年度 ③ 懇親会参加の有無 をメール願います。
アドレス : srmitakai2011■yahoo.co.jp(■のところを@に置き換えてください)
送信期限 : 平成30年1月10日(火)