社会保険労務士三田会

社労士の役割はより深く

社会保険労務士三田会 - 社労士の役割はより深く

1月24日社労士三田会研修会に参加して

社会保険労務士三田会幹事(研修)

S.60商学部卒 開業 長谷川 哲也

 

今年で5回目となり、毎年恒例の事業として定着してきました社労士三田会の研修会ですが、今回も塾出身でご活躍されている方々のうち、弁護士である浅井先生に「労働条件の変更の実務」と題したご講演をいただき、53名の会員が参加して大変充実した研修会となりました。

ご講演の内容も、現実に就労環境の転換期を迎えている現在の労務管理に即したもので、就業規則や賃金規程の具体的な変更など我々社労士資格を持つ者にとって必要性の高い非常に有益となる講義でした。

その後の懇親会にも、研修会参加者のうち44名が参加し、浅井先生との意見交換やそれぞれの交流を深めるなど、盛況な時間を共に過ごし、最後は小林会長の指揮による「若き血」、大関副会長による三本締めで、大変盛り上がった会となりました。

今年は、7月4日に社労士三田会10周年記念講演を企画しています。ますます充実した会の活動となりそうで、期待感もワクワクです。

 

20150124photo